休暇を利用して短期の語学留学をしよう|国際交流もできるのが魅力的

グローバル社会に必要な力

身につけたいのは真の力

飛行機

現代社会のグローバル化が叫ばれて久しい。グローバル化した社会に適応するために必要なものとして真っ先に挙げられるのは語学力だろう。読み書きだけではない、コミュニケーションがとれる語学力である。それを最も手軽に身に着けるためにはどうしたらよいか。短期の語学留学がおすすめである。ひと昔前までは短期の語学留学というと大学生が長期休みを利用して欧米を中心に体験していたイメージがあるが、昨今ではアジア諸国でも体験ができる。しかも体験する人も中高生まで裾野が広がっている。中高生が一人で留学ともなれば、様々な不安も伴うものではあるが、そこは短期だからこその安心感もある。長期となれば踏み出せないものも、短期であれば多少はハードルが低くなる。また、その語学留学を通して語学のスキルアップを図ることはもちろんだが、中高生にとって大切な将来へのキャリアプランを考えるきっかけにもなるはずである。ただ語学を学ぶだけではなく、どこの語学を今後は学び続けるのか、どのような分野を中心に学ぶのか、学んだものを使ってどのような仕事をしていきたいのか。「語学留学」とはいえども、実際には非常に多岐に渡った効果が期待できるのだ。そして、その効果こそが真の「コミュニケーション能力」の向上を後押しするというものである。単に語学に堪能というだけではなく、そのバックグラウンドとして話す「材料」をたくさん持ってこそのコミュニケーション上手であろう。東京オリンピックも目前だ。老若男女、ぜひ短期の語学留学に行って、長期のコミュニケーション能力を培おうではないか。

気軽に挑戦できます

男女

英語を上達させ、英語が話せるようになりたい人は、語学留学がお勧めです。語学留学にも短期から長期まで、自由に滞在期間を選ぶことができます。費用に余裕がある人は、年単位で期間を選べますが、短期でも現地の生活を知ることができ、英語でのコミュニケーション強化に役立ちます。短期の語学留学では、学校や仕事の休みを利用して気軽に挑戦することができ、スムーズに入学が可能です。留学となると、英語能力試験の受験など、事前の準備がかなり必要になりますが、短期の語学留学ですと必要書類の提出だけで入学許可が下りることが多いです。しかし、欧米のどちらのスクールを選ぶかによって、過ごす環境が大きく異なってきます。語学学校には、世界中から英語を学ぶ生徒が集まり、世代や国も様々です。日本人が多く集まるスクールでは、日本人同士の交流もあって楽しいですが、日本語環境になりがちなので注意することが大切です。スクールでは、宿泊先の手配もしてくれる場合がありますが、ホームステイなども選べます。ホームステイでは、短期でも生きた英語を実際に聞く機会が多いですし、現地の人との交流もありますので、ホテル滞在などよりお勧めできます。語学留学を考えている人は、スクール選びの際、カルキュラムがしっかり合っているかどうか、英語に浸れる環境があるかどうかなどを参考に選びましょう。しっかりと情報収集を行い、短期の語学留学を成功させることが重要です。

ビジネス関連のプログラム

国旗と人形

短期の語学留学は長期的な滞在が必要とされる留学とは異なる用途で利用されています。特に、短期滞在の場合は教育プログラムが細分化されているという特徴もあり、特定のスキルを集中して学びやすいというメリットがあるのです。語学留学でビジネススキルを学ぼうとする場合、大半のケースで大学院のビジネススクールに入学する必要があります。競争率の激しいビジネススクールの場合、入学基準が非常に厳しく基準を満たす学業成績や推薦状の提出、語学試験の高いスコアが要求されるのです。このことから万人には非常にハードルが高い留学となります。しかし、語学留学で短期のビジネスプログラムが開講されている場合、学業成績や推薦状などの提出無しにビジネスプログラムを受講できるというメリットがあるのです。特に、ビジネスプログラム等のアカデミックなプログラムの場合、現地でも著名な教育機関で開講されている事もあり、質の高い授業を受けることが可能です。更に、短期の語学留学は夏休みなどを利用して行われるので、国内でビジネス関連の学科を受講している大学生や社会人もプログラムを受講する事ができます。また、集中力の継続という面でも短期留学は理想的なプログラムとなることが多くなります。現在では、語学留学ができるスクールが沢山あるため、利用する人も徐々に増えています。すぐにでも英語力のスキルを伸ばしたいと考えるのであれば、このような短期の語学留学も視野に入れ検討してみるとよいでしょう。