休暇を利用して短期の語学留学をしよう|国際交流もできるのが魅力的

キャンパスライフが魅力的

学校を体験する

英語の本

英語圏への語学留学では、語学学校に短期間だけでも入校し、特色を活かした体験や経験を得て、英語力とともに価値を見出すことも可能です。年間通して入校でき、授業時間数もフレキシブルな設定なのは、私立独立の特徴です。プログラムも多彩で、短期で観光も兼ねて語学留学したい方にとって、最低受講期間が2週間からという学校も多く、短期間でも飽きずに集中的に勉強できます。また、私立キャンパス校では、現地の学生と同じようにキャンパスライフを体験できたり、施設利用などの条件は大学付属とほぼ変わらず、入校日も多くて学べる選択肢も広がります。短期の英語コースでは、文法、ライティングとリーディング、スピーキングやリスニングなどの基本授業が提供され、ボキャブラリーやカンバセーションなどの選択授業もあります。語学留学では、大学入学を視野に入れたケースもあり、少人数制で、講師の全員が修士号以上を持つなど、優秀な教授から直に学べます。授業内容には、専門用語や一般理論を理解し、そこで得た考えや疑問点を教授やクラスメイトと議論し、与えられたケーススタディに取り組み、それらを復習で暗記する内容が一例です。日本では黒板と机での勉強スタイルが当たり前のことですが、語学留学先では通用しないことが多々あることも学びます。極端な話、ノートに移して後で暗記することはなく、プレゼンやディスカッションなど、体で覚える英語や、出席でなく参加型授業であるのが特徴です。週末や放課後には、学割で美術や博物館、スポーツイベント、有名なミュージカルなどの娯楽を楽しむ時間もしっかり図れ、リフレッシュできます。

留学前の学習が必要です

女性

ネイティブな英語を学ぶためには、語学留学を行うことが効果的です。学生などは夏休みや春休みなどの休暇期間を利用した短期の語学留学を行うこともできます。短期の語学留学では、海外の語学学校の寮に住んだり、ホームステイなどを利用して、現地の語学学校に通ってネイティブの英語を学習することができます。短期の語学留学を行う際には、留学先の語学学校選びが重要です。短期の語学留学を行う場合には、授業料のほか、旅費や滞在費など多額の費用がかかります。不十分な情報で語学学校を決めても、十分な効果が得られない場合もあります。語学留学を専門に斡旋している業者のパンフレットを確認するだけでは、十分に理解することはできません。多くのパンフレットは宣伝用に作成されている場合が多いため、実際に現地へ留学した際に内容等が全く違っているということも少なくありません。語学学校を選ぶ際には、インターネット上の口コミ情報等を参考にして選ぶ必要があります。アメリカの大都市に設置されている語学学校に語学留学した場合には、周りに多くの日本人が多いため、日常会話に日本語を使用する機会が多くなる場合があります。留学先の語学学校については、少人数制のクラス編成で授業を行っている学校がベストです。多人数のクラスで語学学習を行った場合には、一人当たりの語学学習時間が短くなるため、学習効率が低下します。学習効果を高めるには、留学前に英語の学習を十分に行う必要があります。

相互理解も大切

飛行機

短期間の語学留学ツアーが、若者の間で人気を集めています。短期語学留学のあらましは、学生が夏休みを使って、海外にホームステイしながら、語学研修に参加する形が殆どです。ツアー会社が参加者を募集して、現地のボランティアコミュニティとタイアップすることが多いといいます。短期語学留学に参加すれば、語学力は格段に向上しますが、留学で得られるものはそれだけではありません。語学研修も重要ですが、ホームステイをすることで、そこに交流の場が生まれます。ホストファミリーの中には、日本の国に大きな興味を持っている人も多いので、日本の知識を教えてあげるととても喜ばれます。初めての語学留学では、語学力が一寸という人も多いでしょうが、そこは勇気をもってコミュニケーションを取ることです。多少の行き違いはあるかもしれませんが、滞在期間中に意思を伝える機会はいくらでもあります。ホームステイの触れ合いも立派な語学研修になるのです。外国語と共に生活して、生活面は全てお世話していただくので、至れり尽くせりの環境です。そのような機会を提供してくれるホストファミリーの方々には、感謝と家事協力も大事です。ファミリーの子供たちと遊んだり、日本の料理を教えて上げたりすると、とても喜ばれます。そして、ホストファミリーの方々と末永いお付き合いをすることも多々あるのです。このような貴重な経験は日本ではできません。短期語学留学だからこそできる最大の醍醐味なのです。